数学で学力を伸ばすには、逆転の発想が必要です。

数学の成績アップの要と言っても良いかもしれません。

逆転の発想とは?

実はこの方法は意外と多くの方々が中学生や高校生の頃に実践していたかもしれません。

 

数学は考える力である思考力を身につけるための教科だと言っても過言ではないでしょう。

ですが、考えることをやめて、数学の文章題ですぐに解答の解説を読んで理解することをしたことがありませんか?

 

意外と数学が苦手だったという方に多いように感じています。

 

だからこそ、この方法を邪道と思うのか、人には言わない方も多いようです。

ところが、この方法こそが逆転の発想なのです。

 

逆転の発想とは、あえて考えることをやめて、解説を読んで理解することに専念することです。

 

具体的な方法については、以下のブログに詳細に説明をしておきました。

中学生の勉強法とやる気を引き出す方法

今後は中学生の勉強法について上記のブログで綴っていこうと思っております。

 

数学は逆転の発想で多くの中学生が数学の成績アップをしてきました。

実績のある方法ですので、是非参考になさって下さい。

 

新しいブログでは数学以外の勉強法や成績別の勉強法、やる気の引き出し方などもお伝えしていこうと思っています。

 

やる気の引き出し方というかやる気を引き出す方法は中学生向けと親御さん向けの2種類ありますが、(つまり親御さんがお子様のやる気を引き出す方法と中学生が自発的にやる気になるための方法)、いずれもお伝えしていきます。

 

このブログの存在意義

このブログ、中学生向け成績アップの勉強法の存在意義はあるのでしょうか。

このブログは今後、教育に関して私の思うことを忌憚なく時々綴るブログにしていこうかと思っています。